プララーダ、すぐれた献身者の中でも最高の者⑭

おお、ユディシュトラ王よ。主ブラフマーに率いられたすべての神々たちがプララーダ・マハラージから適切な崇拝を受けて後、神々たちはプララーダ・マハラージに最高の祝福を与えてから、それぞれの住処へと帰って行った。

それでディティの息子たちであるヒランニャクシャとヒランニャカシプの二人となった、かつての主ヴィシュヌの二人の交際者たちは、二人とも殺害された。幻想のエネルギーに翻弄され、彼らはすべての生命体のハートに存在する至上主を自分の敵であると考えた。

ブラフマナの呪いを受けて、この同じ二人の交際者たちは再びクンバカルナと10の頭を持つラーヴァナとして誕生した。これら二人のラクシャサスは主ラーマチャンドラの比類ない力によって殺された。

主ラーマチャンドラの矢に射抜かれて、クンバカルナとラーヴァナは二人共に地面に倒れ、その肉体を離れた。主への思いに完全に没頭して、前世のヒランニャクシャとヒランニャカシプと全く同じように。

彼らはその後再び人間社会に誕生し、シシュパーラとダンタヴァクラとなった。そして、主に対して同じように敵であり続けた。それで、あなたもいたその場所で主の身体の中に溶け込んでいった。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください