プララーダ、すぐれた献身者の中でも最高の者⑮

シシュパーラとダンタヴァクラだけではなく、クリシュナの敵として行動していた王たちもまた、死の瞬間に解放を得た。彼らは常に主に思いを向けていたので、ちょうど芋虫が黒いオス蜂に捕獲されてオス蜂の体内に飲み込まれ、結果として同じ種類の身体を手に入れたのと同じように、精神的身体を獲得し主の身体と同じ身体を手に入れた。

献身奉仕によって純粋な献身者たちは、絶え間なく至上神格権現を考え続けているので、主の身体と似通った身体を受け取る。これがサールーピャ・ムクティとして知られている。シシュパーラとダンタヴァクラ、その他の王たちはクリシュナを敵として考えていたけれども、彼らもまた同じ結果を獲得した。

シシュパーラと他の王たちは敵意を抱いていたにも関わらず、どのようにして解放を得ることになったのかについてのあなたが私に尋ねたことすべてを今あなたに説明した。

至上神格権現・クリシュナについてのこの物語は主のさまざまな拡張体と化身が登場し、また二人の悪魔であるヒランニャクシャとヒランニャカシプの死も語られている。

そしてまたこの物語では素晴らしく卓越した献身者であるプララーダ・マハラージの性格も語られている。彼のゆるぎない献身奉仕と完全な知識、そして物質的な穢れにたして完全に離れていること。そしてまた創造、維持、破壊の原因としての至上神格権現についても記述されている。プララーダ・マハラージは祈りの中で、主の超越的な資質について語っていた。そして、どのようにさまざまな神々と悪魔の住処が物質的な富へのどんな不注意で、主のちょっとした指示によって破壊されるかも語られている。


COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください